男と女(un homme et une femme)

 2006年5月30日にNHK BS2で放映された『男と女』をご覧になった『余丁町散人(橋本尚幸)の隠居小屋』の方が、カットバージョンだったと書かれた記事『衛星映画「男と女」……編集に激しく不同意!』を読み、録画してあったBS2版と日本盤DVD、さらにフランス盤DVDを見比べてカットされていたかどうかを確かめてみた。先に結論を書くが、BS2バージョンとDVDバージョンはまったく同じカット数シーン…

続きを読む

アイアンカウボーイ(Iron Cowboy, a.k.a Fede-In)

 かの有名なアラン・スミシーによる19731968年の第一作。同時に、バート・レイノルズの初主演作でもある。テレビで初公開されたためか、多くのデータがテレビ作品としているが、元々は劇場用映画として作られたようだ。日本でも『夏の日にさよなら』のタイトルでテレビ放映された。しかし、ネットで調べても実際に見た人はほとんどいないようで、詳細はわからなかった。そこで、ビデオを入手してきちんと鑑賞してみ…

続きを読む

砂漠の流れ者(The Ballad of Cable Hogue)

 今月初めにDVDが発売されたので、昔WOWOWで録画したVHSを捨てようと、確認のためテープを見直したらフルサイズバージョンだった。ああまたか。昔のWOWOW はよくフルサイズバージョンを放映していたのだ。それを残すか残さないかでいつも迷う。『ガルシアの首』もやはりフルサイズで、ちょっと悩んだが残さずに処分した。『ビデオドローム』もフルサイズだったが、Censored バージョンで、数カ所のカ…

続きを読む

追跡 (EXPERIMENT IN TERROR)

 長いことここ(*注 本家)に何も書かなかったので、何かを書くとあれこれ連想し、いろいろなことを思い出す。昨日、『ツイン・ピークス』と書いて頭に浮かんだのがこの映画だ。実話を元にした1962年のブレイク・エドワーズ監督作品で、フィリップ・H・ラスロップによるモノクロ撮影が大変美しい、ややフィルム・ノワール風味もあるサスペンスもの。  なぜ、これを思い出したかといえば、主人公の女性が住んでる…

続きを読む

Marines, Let's Go

 朝鮮戦争をモチーフにした、日本未公開の軍隊もので、1961年のラオール・ウォルシュ作品。あたし、こんな映画があることすら知らなかったけど、先日、NHK衛星で放送された『大統領が愛した映画』というドキュメンタリー番組の中で紹介され、その存在を知ったのでした。内容は、朝鮮に向かう海兵隊員が途中に寄った日本で乱痴気騒ぎをするが、やがて最前線に送られ、以下略、といったもののようだ。その番組の中でわずか…

続きを読む

さすらいの青春

 アラン・フルニエの『モーヌの大将』が原作のフランス映画で、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ監督による1966年の作品。先日、NHK衛星で放映されたので、久しぶりに見ることが出来てうれしかった。ウェブではあまりこの映画について語っている人がいないのが残念。仕方がないので自分で書いておく。  この映画をひとことでいうと、「青春の始まりと終わりを流麗なタッチで幻想的に描いた作品」、といった具合…

続きを読む